« 2014年2月 | トップページ

2014年5月

2014年5月29日 (木)

ホメロス朗誦 第24歌:朝日カルチャーセンター新宿教室に行ってきました

申し込みしてから実に2ヶ月以上たって、やっと明神先生のホメロス朗誦を聞いてきました。

一昨年の10月に同じ朝日カルチャー新宿で、はじめて6歌の朗誦を聞いて以来、昨年5月にも第1歌を聞く機会に恵まれて、そして今回24歌!
なんてラッキーな・・・。

しかも昨年9月まで一緒に講読していた、古典ギリシア語中級のメンバー幾人かとも、久しぶりにまたお会いできました。
少しメンバー変更があったようですが、相変わらず十名以上の大盛況クラスのようです。
現在はオデュッセイアを読み終えて、プラトン「第7書簡」を読んでいるそうです。

今回も50~60人ほどの教室でしたが、席はほぼ満杯らしく、前回は無かった受講券の確認がありました。
やっぱ、人気なのねー。
そうよねぇ、イーリアスの朗誦が聞けるなんて、世界でも稀ですもの。(*^m^*)

clipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclip

さて、今回も朗誦の前に、講師 川島先生の解説がありました。

あらかじめ配布されたプリントには、ほとんどギリシア語はなく、万人にわかりやすくなっていました。
それを見ながら、叙事詩の韻律についてと、あらすじと、邦訳の主立った箇所の抜粋を解説なされました。

川島先生のクラスでは4月から第3歌を読んでいるんですって。
知りませんでした。
3歌かー、パリスとメネラーオスの一騎打ち。良いですねぇ!
平日の昼に時間がとれればねー。(月1~2回だから、もうちょい仕事に余裕があったら行けそうな気もするんですが)

詳しくはこちらっ↓
ホメロスの叙事詩『イリアス』第3歌- ギリシア語の音とリズムを楽しむ

それから、10分ほどの休憩を挟んで、明神先生の語りが・・・。
どうも毎回このようなのですが、川島先生が「どうぞ」と促すと、もう途端に即座に始まってしまうのでした。
始まる前に、もう数秒間もったいつけてもらいたいです。
パッと始まってしまって、いつもこっちが焦ってしまいます。

今回は時間内に行数の多い24歌を歌われるので、予想通り一部省略されての朗誦となりました。
(確か228行~321行、および349行~404行の150行ほどが省略されていました。)

省略のせいか、今回初めて明神先生が終始テキスト本を片手に持たれているのを見ました。
とはいえ、実際、本に書かれた字を目でなぞって読んでるはずもないスピードでしたので、まぁ、省略する箇所の確認のようなものでしょう。

序盤は、ヘカベーがプリアモスを引き留めようとする台詞が、感情たっぷりで良かったです。

そして24歌の名場面、プリアモスがついにアキレウスの陣屋にやって来て、愛する息子の遺体の返還を願い出るところでは、叙事詩の懇願のポーズに則って、明神先生も片膝を付き、プリアモスの懇願を体現していました。

なんか感動ーーー!

一巻を読み上げるのに一時間程度だなんて、それにしても凄すぎますね。
岩波の邦訳だって、一時間で読み切るのはけっこうなスピードでないと無理なのに。
あぁ、今回もとってもとっても良かったです。

でもこれで、ほぼメインの1書、6書、24書と聞いてしまったので、他の書をやってくれる機会はあるのでしょうか?
他のも聞きたいなぁ。

tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip

明治学院大学の読書会も、ちゃんと4月から毎週土曜日行ってますよ。
現在13書の終わり近くにさしかかっていますが、うちのパソコンも新しくなったおかげか、単語調べがすこぶる順調で、もう14書の単語はだいたい調べ終わりました。

14書はまたまた・・・、ずっと戦いが続いていましたから、久しぶりにおもしろそうなストーリーで楽しみです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ