« 2014年5月ホメロス朗誦のお知らせ:朝日カルチャーセンター新宿教室 | トップページ

2014年5月29日 (木)

ホメロス朗誦 第24歌:朝日カルチャーセンター新宿教室に行ってきました

申し込みしてから実に2ヶ月以上たって、やっと明神先生のホメロス朗誦を聞いてきました。

一昨年の10月に同じ朝日カルチャー新宿で、はじめて6歌の朗誦を聞いて以来、昨年5月にも第1歌を聞く機会に恵まれて、そして今回24歌!
なんてラッキーな・・・。

しかも昨年9月まで一緒に講読していた、古典ギリシア語中級のメンバー幾人かとも、久しぶりにまたお会いできました。
少しメンバー変更があったようですが、相変わらず十名以上の大盛況クラスのようです。
現在はオデュッセイアを読み終えて、プラトン「第7書簡」を読んでいるそうです。

今回も50~60人ほどの教室でしたが、席はほぼ満杯らしく、前回は無かった受講券の確認がありました。
やっぱ、人気なのねー。
そうよねぇ、イーリアスの朗誦が聞けるなんて、世界でも稀ですもの。(*^m^*)

clipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclip

さて、今回も朗誦の前に、講師 川島先生の解説がありました。

あらかじめ配布されたプリントには、ほとんどギリシア語はなく、万人にわかりやすくなっていました。
それを見ながら、叙事詩の韻律についてと、あらすじと、邦訳の主立った箇所の抜粋を解説なされました。

川島先生のクラスでは4月から第3歌を読んでいるんですって。
知りませんでした。
3歌かー、パリスとメネラーオスの一騎打ち。良いですねぇ!
平日の昼に時間がとれればねー。(月1~2回だから、もうちょい仕事に余裕があったら行けそうな気もするんですが)

詳しくはこちらっ↓
ホメロスの叙事詩『イリアス』第3歌- ギリシア語の音とリズムを楽しむ

それから、10分ほどの休憩を挟んで、明神先生の語りが・・・。
どうも毎回このようなのですが、川島先生が「どうぞ」と促すと、もう途端に即座に始まってしまうのでした。
始まる前に、もう数秒間もったいつけてもらいたいです。
パッと始まってしまって、いつもこっちが焦ってしまいます。

今回は時間内に行数の多い24歌を歌われるので、予想通り一部省略されての朗誦となりました。
(確か228行~321行、および349行~404行の150行ほどが省略されていました。)

省略のせいか、今回初めて明神先生が終始テキスト本を片手に持たれているのを見ました。
とはいえ、実際、本に書かれた字を目でなぞって読んでるはずもないスピードでしたので、まぁ、省略する箇所の確認のようなものでしょう。

序盤は、ヘカベーがプリアモスを引き留めようとする台詞が、感情たっぷりで良かったです。

そして24歌の名場面、プリアモスがついにアキレウスの陣屋にやって来て、愛する息子の遺体の返還を願い出るところでは、叙事詩の懇願のポーズに則って、明神先生も片膝を付き、プリアモスの懇願を体現していました。

なんか感動ーーー!

一巻を読み上げるのに一時間程度だなんて、それにしても凄すぎますね。
岩波の邦訳だって、一時間で読み切るのはけっこうなスピードでないと無理なのに。
あぁ、今回もとってもとっても良かったです。

でもこれで、ほぼメインの1書、6書、24書と聞いてしまったので、他の書をやってくれる機会はあるのでしょうか?
他のも聞きたいなぁ。

tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip tulip

明治学院大学の読書会も、ちゃんと4月から毎週土曜日行ってますよ。
現在13書の終わり近くにさしかかっていますが、うちのパソコンも新しくなったおかげか、単語調べがすこぶる順調で、もう14書の単語はだいたい調べ終わりました。

14書はまたまた・・・、ずっと戦いが続いていましたから、久しぶりにおもしろそうなストーリーで楽しみです。

|

« 2014年5月ホメロス朗誦のお知らせ:朝日カルチャーセンター新宿教室 | トップページ

コメント

お久しぶりです。最後の投稿から1年経ちますが、お元気でしょうか。時々、覗きに来てましたよ。

私は、最後にギリシア語の勉強をしたのが3年前になります。その後、計画通りオープンユニバーシティで3単位取り(最後のコースの小論文を提出したところで、結果待ちですが)、やっとホメロスに戻れます。

Beethamの Beginning Greek with Homer を引っ張り出してきたところです。7月の初めにロンドンでこのテキストを使用した初心者向けの5日間のコースがあるんですよ。とても参加したいのだけど、仕事の都合と家庭の事情でどうなるか不明です。

投稿: Pumpkinface | 2015年6月 2日 (火) 17時04分

Pumpkinfaceさま、こんにちは。
お久しぶりですが、お変わりないようで嬉しいです。

それにしても頑張りましたね。
きっと良い結果が出ると、信じています。

なに3年くらいのブランクなんて、すぐに埋まりますともさ。
とにかくたどたどしい訳なりとも、原典に触れることに意義があると思いますよ。

私もすっかり最近はブログの更新をサボってしまっていますが、毎週土曜日のホメーロス輪読会には、ちゃんと出席しています。

右下リンクの「ほめりだいのブログ」は、輪読会講師の方が毎週更新している読書内容の紹介です。

そのうちのホメーロス輪読会だより 205は、私が訳&解説をした日のものです。
現在、8人くらいで毎週担当してるので、二ヶ月くらいでまた回ってきますね。

それと輪読会を開催している学校で出している紀要「言語文化」にも、たびたびホメーロス時代の風俗文化などが寄稿されています。
毎回興味深いですが、特に私がおもしろかったのは、「言語文化28号」の"ホメーロスの声"ですね。

なかなかここまでの専門家にはなれませんが、こんな情報もイーリアスの理解と解読の手がかりになります。

Pumpkinfaceさまも、仕事とご家庭とで大変だと思いますが、無理せず気長に続けていって下さい。

投稿: ヒカル | 2015年6月 2日 (火) 21時02分

ヒカルさんもお元気そうで安心しました。
ほめりだいのブログは参加者の方がもちまわりで書いてるとは知りませんでした。モチベーションアップに最初の方からぼちぼち読んでいこうかな。

ちなみに、訳は個人訳なんですか?
「鐘愛」という日本語を知りませんでした。

「言語文化」も面白そうですね。ダウンロードしてみます。
それでは、また。

投稿: Pumpkinface | 2015年6月 2日 (火) 23時59分

「ほめりだいのブログ」は、輪読会講師の方が毎週更新しているので、私は書いてないです。
あれは輪読会の講読に合わせた箇所を、講師の方がご自分で書いてるものです。

なので、「ほめりだいのブログ」は私の解説や訳とはまったく関わりない内容ながら、同じ箇所を同じタイミングで更新しています。
私のつたない訳よりも、ずっと良いと思います。

輪読会では、もっと文法的な質問や風俗文化の情報などが、毎回交換されています。
おかげさまで、私でも何とかみんなについて行けるようになりました。

今週末は読みの担当なので、六脚の長短を意識しながら通勤電車の中で、密かに練習を重ねています。

投稿: ヒカル | 2015年6月 3日 (水) 21時10分

ヒカルさん、おひさしぶりです。
今年に入ってから、やっとイーリアスを読み始めました。
とはいえ、最初の2ー3ヶ月は週に10行行進めばいい方でしたが (52行目までを暗記しようとしたせいもありますが)、やっと100行の壁を超えました。
もはや、文法を勉強しつつ、というのは諦めて、手持ちの解説書、英訳、ネットのペルセウスにシカゴ・ホーマーと手当たり次第に利用して、なんとか理解に努めています。
それでも、アガメムノンとアキレウスの台詞に双方の性格が透けて見えるような気がして面白いです。
ここまで長かったけど、今年はイーリアス第一歌を原文で読むという目標が達せられそうです。
「ほめりだいのブログ」に、特別号で第一歌をやってもらえないものだろうか、とお願いしてきました。本名で出てます☺️。
それでは、また。

投稿: Pumpkinface | 2016年4月 7日 (木) 04時46分

Pumpkinfaceさま。

だいぶんご無沙汰でしたが、お元気そうで、イーリアス読解も精力的に続けられてて、嬉しい限りです。

私がイーリアスを読み始めてまだ数年の、理解の浅い時期のものですが、別ブログ「イーリアス原典完読を目指して」で第一歌の解読を載せています。
イーリアス原典完読を目指して-第一歌-

今振り返ってみると、けっこう理解不足のところも見える内容で、隠してしまいたいブログですが、せっかくYahooのギリシャ神話のカテゴリにも載せてもらってるので、引っ込めるのも思い切れずに、いまだに恥ずかしいものを晒していますが。

メインで参考にされると困りますが、どうしても不明な部分であれば、当時の私も同様でしたから、きっと講師の先生の言ったこと丸写ししてるので、ちゃんとしてるところもあると思います。

私も相変わらず「ほめりだい」さんのところのホメーロス輪読会でイーリアスを読んでいます。
たとえ離れてはいても、Pumpkinfaceさんも、これからも一緒にイーリアスを読んでいきましょう!

投稿: ヒカル | 2016年4月 8日 (金) 00時18分

ふふふ。今日、そういえば、と思い出して、見てきましたよ。へぇ〜、なるほどな〜とか、ふむふむ、そういう読み方もできるよね、とか、一人でうなずきつつ。

私は本当に文法、うっちゃって無理やり読んでいます。音感が悪くて、リズムの話とか、スキャンションとかももう一つ、ピンとこなくてもどかしいです。

以前、教えていただいたホメーロスの声、だったかな? 日本語のエッセイを読み返してみようと思います。

いつか、私も輪読会に参加する機会があるといいのですけどね。

投稿: Pumpkinface | 2016年4月 8日 (金) 01時14分

その「ホメーロスの声」を執筆したのが、実はほめりだいさん本人です。

Pumpkinfaceさんも、東京に来ることがありましたら、一度だけ参加でもかまいませんから、お顔出し下さいな。

そういえば、朝日カルチャーセンター新宿教室で、この4月からイーリアス1巻を読むって出てましたね。
ちょうど明日からですね。私は残念ながら行けませんが。

古典ギリシャ語講読初級 ホメロス「イリアス」1巻
なんか変わったテキストを使いますね。
この頃こんなテキスト出たのですね。

投稿: ヒカル | 2016年4月 8日 (金) 07時45分

このテキストはAllen Roger Benner という学者が19世紀末に出したものがオリジナルのようです。1904年のものがネットで閲覧、ダウンロード可能ですよ。

https://archive.org/details/selectionsfromh01brengoog

気になるのが、リンクしてあるバージョンが本をスキャンして印刷しているものらしいことです。University of Oklahoma出版のものはきちんとしてますが、ものによっては読めたものではない酷いものに当たることがあります。まぁ、講師の方が推薦しているのでまともなものだとは思いますが。

1、3、9、18、22が全編、他に2、5、6、15、16、19、24から抜粋のようです。簡単な文法が巻末に載っていて、これは便利そうです(欲しくなってきたワタクシ) (笑)。

どちらにしても羨ましいコースですねぇ〜。東京どころか日本にも滅多に行けないので無理ですが。

投稿: Pumpkinface | 2016年4月 8日 (金) 18時12分

日本に滅多にお戻りにならないですか~。
でも、こうやって簡単にお話しできるのですから、世界も狭いですよね。

あー、Allen Roger Benner って、Perseusでコメンタリー見られますよね!
あれですか。
たまに参考にさせてもらっていました。

4月23日からホメーロス輪読会は、ホメーロス研究会という名称になって、また7月まで毎週開催されます。
もう15書も残すところ60行ほどで、次はいよいよ16書「パトロクレイア」です!!
アキレウスの登場もあるし、今から楽しみです。
楽しみすぎて、16書の単語調べはもう済ませてしまいました。

Pumpkinfaceさんも、無理は禁物ですよ。
楽しみながら読み続けてください。

投稿: ヒカル | 2016年4月 8日 (金) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533855/59720820

この記事へのトラックバック一覧です: ホメロス朗誦 第24歌:朝日カルチャーセンター新宿教室に行ってきました:

« 2014年5月ホメロス朗誦のお知らせ:朝日カルチャーセンター新宿教室 | トップページ